ミリオンアーサーシリーズ初のプレイステーションVR対応、ミリオンアーサーの世界観をリアル視点で楽しむことが出来るゲーム【乖離性ミリオンアーサーVR】

投稿者:

乖離性ミリオンアーサーVRってどんなゲーム?

「乖離性ミリオンアーサーVR」とは、スクウェア・エニックスのカードゲームRPG「拡散性ミリオンアーサー」の後継作「乖離性ミリオンアーサー」そのVR対応ゲームです。
開発は、株式会社スクウェア・エニックス(ドラゴンクエストシリーズやファイナルファンタジーシリーズの制作会社)・グリー株式会社(探検ドリランドや釣り★スタが有名なSNSサービス「GREE」の会社)の共同です。
価格は、税込3,980円です。

そもそも「VR」とは

この記事をご覧の方は、恐らくVRについてご存知かと思われます。しかし、もしかしたら「ミリオンアーサーが好きだけど、VRは初めて聞いた」という方もいらっしゃるかもしれません。そういった方のために、簡潔に「VR」の説明をさせていただきます。
VRとは、virtual reality(バーチャルリアリティ)の略称です。「仮想現実」とも言われています。「リアリティのある空間」「リアルタイムで時間経過」「まるで自分がそこに居るかのような感覚」の3要素が特徴です。
夢中になり過ぎると、VRに酔うリスクがあります。適切に休憩を取りましょう。

ミリオンアーサーとは

ミリオンアーサーとは、スクウェア・エニックスのRPGゲーム作品群です。第一作は「拡散性ミリオンアーサー」と言います。本作の「乖離性ミリオンアーサー」は、その続編にあたります。
拡散性ミリオンアーサーは、RPGカードバトルです。
エクスカリバーを抜いたアーサー王が有名ですが、「拡散性ミリオンアーサー」の世界観は、100万人のアーサー王と100万のエクスカリバーが存在します。その中で主人公が1人のアーサー王として戦っていくという内容です。
「拡散性ミリオンアーサー」は、スタッフが豪華という長所があります。
シナリオ担当は鎌池和馬氏(小説「とある魔術の禁書目録」の作者)です。
音楽担当は、前山田健一氏(「ヒャダイン」の名前で芸能界でも活躍している方)です。
美術担当はJ.C.STAFF(「灼眼のシャナ」「ハチミツとクローバー」「とある魔術の禁書目録」など、数多くの作品でアニメーション制作を担当した会社)です。

内容

 

本作は、「乖離性ミリオンアーサー」のVR対応ゲームという事で、「乖離性ミリオンアーサー」のものになります。
乖離性ミリオンアーサーは、カードバトル型のオンラインRPGゲームです。2015年6月に1100万ダウンロードを突破しました。
シナリオ担当は引き続き鎌池和馬氏です。OP担当は水樹奈々氏(魔法少女リリカルなのはシリーズ「フェイト・テスタロッサ」役)です。
前作と比べて、「アーサーが4タイプに増える」「他プレイヤーとの共闘」「アバター着せ替え」等の要素が追加されました。
カードバトルは、様々な属性を持ったカードを上手く使い、敵を倒していくというスタンダードな方式になります。

キャラクター

※本作は、「乖離性ミリオンアーサー」のVR対応ゲームという事で、「乖離性ミリオンアーサー」のものになります。
◦ アーサー
本作の主人公です。エクスカリバーを抜いたので、アーサーです。4タイプが存在します。

傭兵
声優は阿部敦氏(バクマン。「真城最高」役)です。
正義感の強い、真面目な性格です。

盗賊
声優は佐倉綾音氏(ご注文はうさぎですか「保登心愛」役)です。
損得にこだわり、正義感が強い性格です。

富豪
声優は岡本信彦氏(とある魔術の禁書目録「一方通行」役)です。
常識的な性格です。

歌姫
声優は内田真礼氏(アイドルマスターシンデレラガールズ「神崎蘭子」役)です。
裏表が激しい性格です。戦いに造詣がありません。

 長所

このゲームの一番の長所としては、「大迫力の戦闘」があります。VRバージョンのためだけにグラフィック面で最適化したボスとのカードバトルは、空気感すら五感で感じとれるほどです。(実際に砂煙などが入ってくるわけではありません)
そのカードバトルは、プレイヤーがエクスカリバーを振ってカードの中の騎士を召喚する、その騎士が派手なエフェクトの攻撃を繰り出す、という方式です。自分の手で騎士を召喚し、派手な攻撃を繰り出したかのような感覚は、非常に新鮮だと思います。
カードバトルという事で、アクションバトルと比べて動きが少なく済むという所も長所です。家人に迷惑をかけないという所もありがたいところです。
バトル以外の要素としては、まず人気キャラ「ウアサハ」を、実際に触るかのような感覚で触れ合う事が出来るという長所があります。触り方によってさまざまなリアクションを返してくるというのは、ウアサハが好きな方には嬉しい要素だと思います。
そして、着せ替え機能もあります。着せ替えた衣装でバトルに臨んでくれます。ここにキャラクターに魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

短所

ゲームのストーリーの進み方としては、まずスクリーンを見る形でストーリーをみて、その後にCGに入るという形ですが、このスクリーンのシーンが多いです。しかし、それは「CG酔いしないために、敢えてスクリーンシーンを入れている」という風にとれるのではないでしょうか。
音声にサラウンドな感覚がない事が残念な点です。
また、ロードが長い上にロードの場面が多いので、苦手な方は注意してください。

このゲームがお勧めの方

カードバトルである事とスクリーンシーンが多い事で、CG酔いの恐れが少ないと言えます。CG酔いに弱いという方にも安心して遊ぶことが出来ます。
一方で、VRの楽しさを味わいたいという方にも、ハイクオリティなグラフィックバトルに満足すると思います。
カードバトルは、動きが少ないです。家人が居るという方にもお勧めできます。
そして、ミリオンアーサーが好きな方にはうってつけだと思います。それだけでなく、バトル方式もスマートフォン版と同様なので、ミリオンアーサーに初めて入るという方も楽しめます。

最後

「乖離性ミリオンアーサーVR」の魅力は、「大迫力且つリアリティのあるバトル」「ウアサハに触れられる」事です。特に前者は、カードバトル故に少ない動きで済み、それでいてVR独特のリアリティのある大迫力のエフェクトを楽しめます。後者も、今まで二次元でしか見ることが出来なかった、自分の好きなキャラに触れられるという魅力は「萌え」が好きな方には嬉しい要素だと思います。
さらに、このゲームに携わる豪華な開発陣もこのゲームの特徴です。安心してこのゲームをプレイできます。
どのような方でも簡単にVRの魅力を楽しめるこのゲームを、多くの方が遊ぶ事を望んでいます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です